一言で家族葬と呼んでも、実際には本当に家族だけでお見送りする密葬から家族や親族あるいは故人に近しかった友人・知人まで会葬する小規模な葬儀まで、形式はいろいろあります。
そもそも家族葬という名称は、小さな葬儀をわかりやすく表現するための呼称で、公的に意味のある言葉ではありません。
その概念としては、「家族・親族を中心に、儀礼的な会葬を遠慮した会葬者の少ない葬儀」といったところでしょう。
なので、いくら家族葬でも家族以外の人が参列する場合は、喪主を決め会葬礼状などを用意します。
喪主は葬儀を執行する当主で、通常はその後の法要の施主も務めることになります。
故人が喪主を指定している場合はそれに従いますが、一般的には故人ともっとも縁の深い人が喪主になります。
具体的には、配偶者や長男・長女、もし配偶者も子どももいない場合は親や兄弟(姉妹)などが務めます。
喪主は、通夜や葬儀の間、故人のそばに付き添い、参列者の対応をします。
会葬礼状は本来、葬儀・告別式のあとに郵送するものでしたが、最近は返礼品と一緒に当日手渡しすることが多くなっています。
ただし、家族葬の場合は、参列者数が少なく、ほとんどが身内であれば、会葬札状や返礼品を省略するケースもあります。
用意するかどうか、いつ渡すかなどは、参列者の顔ぶれや人数によって決めてもよいでしょう。

くわしくは、おすすめをご覧下さい。
家族葬

関連記事

    None Found