今日は私が前職で、こんな仕事辞めたいと思った経験をご紹介させて頂きます。
私は輸入手続きを行う仕事で働いていたため、
飛行機の運行状況等に大きく左右される毎日でした。

ある時は台風が来て、その便が欠航となり、
来る予定だった荷物も当然届かず、お客様から大きなクレームを受けました。

しかし、こういったことは私たちではどうしようもなく、
当然、仕事の依頼を受ける際にも十分説明済みの事でした。

もちろんお客様側にもいろいろ事情があることは理解しておりますが、
急いでいるのであれば、なぜもっと早く輸送しなかったのか、
という気持ちになりました。

一方的に私たちだけが責められるような状況で、
こちらの事情を理解しようとしてくれない態度に理不尽さを覚え、
仕事を辞めたいと感じました。

この世の中、理不尽なことだらけです、
天気のこととか、政治のことは私たちにはどうすることも出来ません。

しかし身近なところで考えたらやっぱり仕事上ですね、
それ違うでしょ、なんでこうしないの?なんて日常茶飯事です。

新入社員だったあの頃は毎日が忙しくて、
これが会社というものか、やっていけるか心配なものでした。

でも自分も中高年になり、いろいろ社会のことがわかってくると、
いろいろなしがらみに縛られ、グレーな感じを受け入れなければいけないことも
わかってきました。

いっそのことこんな仕事辞めて、自分で会社をやろう、
なんて思うけど出来ない。これが人生なんです。

仕事探し参考サイト:仕事探し 中高年 女性

関連記事