特別養護老人ホーム、介護付有料老人ホーム、グループホームなどが、高齢者が自宅から移り住んで介護サービスが受けられる施設です。

老人ホームなどに居住するとなると気になるのが費用面だとおもいますが、1ヶ月当たりの介護サービス費は、特別養護老人ホームは「施設サービス」として、介護付有料老人ホームの場合は「特定施設入居者生活介護」として、グループホームは「地域密着型サービス」として、それぞれ介護保険が活用できます。

ただし、要介護度によって定額料金が定められており、1割もしくは2割は自己負担分として支払わなければなりません。

実際の金額は、多床室(相部屋)か個室またはユニットなど、部屋の設備や構造、広さ、サービスの種類によって、あるいは地域によっても介護サービス費の金額には違いがあります。

もちろん、施設に移り住めば、介護サービス費以外に家賃や食費、光熱・水道費などの月額費用もかかります。

月額費用については、入居一時金のある・なしや施設のグレードによって異なるため、施設を選ぶ際には細かく確認することが必要です。

現在では、入居者が単身で年金収入のみの場合、年収280万円以上か、2人以上世帯で、本人の合計所得金額が160万円以上で、同一世帯の65歳以上の人の年金収入とその他の合計所得金額が346万円以上の場合は、自己負担が2割とされています。

この場合、申請によって、一般月額37,200円の高額介護サービス費超分は払い戻されます。


参考サイト: 老人ホーム 費用

関連記事

    None Found