日本人にワキガは多いと言われます。
ワキガになると汗をかく夏ばかりでなく冬にでも異臭がします。
ワキガは自分でも気になるし、周りの目も気になります。
ワキガの原因をお話ししたいと思います。
人の汗は体から出た汗は臭いはありませんが、汗そのものは臭いはないものなのになぜ臭いがしてくるのかと言うと、アポクリン酸という所から汗が出て、そこから脂質やたんぱく質、糖類、アンモニアなどが皮膚にある菌が分解されて臭いとなります。
ワキガは遺伝が影響するものだそうです。
遺伝だから仕方ないとあきらめないで、ワキガの予防法などで気をつけてほしいと思います。
ワキガ対策でも薬などがあり、殺菌効果のある塗り薬を使ったり、汗を抑える薬など、また精神的なことからくる汗もあり、これは自律神経が関係してきます。
ストレスがたまっていたり緊張しやすかったりなど、その様な人には不安を抑える抗うつ剤の薬も処方されたりします。
薬は長期的な服用は副作用が見られたり、かぶれたりするので注意をしてください。
簡単にできるものから始めるには制汗剤を使用する、除菌シートを使ってこまめに汗をかいたらふき取る、腋毛があると通気性がよくないので、腋毛の処理をすると菌がつかなくなります。
タバコやアルコールなどは控えるようにするとよいです、タバコもアルコールも汗を発刊作用があります。
この様に生活習慣も意識して薬や制汗剤などためして臭いを軽減させてください。
waki

参考:わきが 原因

関連記事