『仕事が楽しい!』純粋に思える瞬間は、少ないです。
病院で、作業療法士として勤めていると、色々な患者さんに出会います。

患者さんは、病気によって、将来の生活に不安を抱えている人ばかりです。
時には、『貴方に何がわかるの?』と、
強い口調で、罵倒されるような時もあったり、
精神がすり減る出来事が多いです。

しかし、リハビリが進んで、徐々に将来の生活が描けてくると、
患者さんも精神的に安定され、一緒に退院後の生活を考えたり、
話し合ったりできるようになります。

退院の時に、『ここに入院して、リハビリができて良かった。お世話になりました。』等、
感謝の言葉を述べられた時、人の役に立てたと感じ、
この仕事をしていて良かったなと思います。

母子家庭の私にとって、この仕事のように、
感謝されると言うことを知り、とてもやりがいと希望を感じます。

これまではどうしても母子家庭という状況を受け入れることが嫌だった時期もあり、
社会に出たら母子家庭でもあまり差別を受けることもないだろうと期待していました。

しかし現実は仕事を探して面接を受けるときでさえ、
母子家庭とわかるとちょっと不安げな顔になるのがわかり悔しかったです。

でもこの仕事をして思ったことは何でも一生懸命にやれば
気持ちは通じると言うことを教えていただきました。

そうだこの気持ちを持ち続けて仕事をやれば
きっと母子家庭でもうまくやっていけると思えるようになりました。

参考サイト⇒母子家庭 求人

関連記事


    18歳未満の未成年といかがわしいことをして、法を破ることにならないようにする為にも、年齢認証を要求されるサイトをチョイスして、20歳以上の女性との出会いを求めるべきです。 年齢を積み重ねるにつれて、恋…


    いろんなブランドのオンライン通販を詳細に閲覧するのもいいし、 好きなブランドといったものに意識を向けて、 あなたが気に入る一番のプチプラブランドを選ぶのもいいでしょう。 大人なフェミニンさに少し甘目…